見所・散策

潮の満引きで変る景色

潮の満引きで変る三ッ石の姿は大潮の干潮時だけ見ることができます。
こちらは、ケープ真鶴から三ツ石海岸へ降りる階段から撮影しました。

180度の海のパノラマ

ケープ真鶴からは、伊豆半島・湘南方面・房総半島・伊豆七島が望めます。
見渡す限りの海のパノラマは圧巻です。

遊歩道

ケープ真鶴周辺には森林浴遊歩道、御林遊歩道、番場浦遊歩道、潮騒遊歩道がありウォーキングに最適です。
巨木の森の中を歩いたり、海際を歩いたり大自然を満喫できます。

砲台跡

砲台は、幕末のペリー黒船来航の名残です。

文化人

ケープ真鶴には与謝野晶子の碑があり、
「我が立てる。真鶴崎が二つにす。相模の海と伊豆の白波」と書いてあります。
ケープ真鶴から望む景色は、まさに当時から変わらぬ景色を望めます。

県立真鶴半島自然公園

真鶴半島は、魚付き保安林として漁師に守られている森であり、江戸時代の御用林として300年以上のクスやスダジイ、クロマツで形成されている森です。

景勝 三ッ石

初日の出のスポットとして広く知られ、岩の間からご来光を拝むことのできる、近くの番場浦海岸は、例年元日には多くの見物客やカメラマンでにぎわいます。